インスタンス株式会社

VOICE社員インタビュー

寺田英弘

インフラストラクチャエンジニア寺田英弘Hidehiro Terada

寺田英弘

前職ではどのような仕事をしていましたか?

不動産の営業をしていました。
業務としては、自社物件の販売、仲介業者との折衝や土地の仕入れを経験しました。
あまり語れるようなことはなく、その頃の僕には働く人としての自覚がとても足りなかったように思います。

インスタンスを知ったきっかけは?
また、入社を決めた理由を教えてください。

新しいことをやってみようと思い、求人サイトで初心者・未経験の仕事で検索した中の一つでした。ITの会社で、外苑前にオフィスがあって(当時)、変な手当てがあるんだなあ、というくらいの印象で、とにかく話を聞きに行ってみようというくらいでした。
面接担当が弊社取締役だったわけですが、気がつけば大いに話が盛り上がり、家路につくころには「今日って面接だったんだよなあ…」とよくわからない気持ちになったのを思い出します。

決めた理由はなんだったんでしょう。
いろいろ要因はあると思いますが、その当時の僕は業種や職種をあまり絞らず、面接や会社を訪問してみた後の自分の直感みたいなものを重視していた気がします。
直感などと言うと曖昧で恐縮ではあるんですが、どんな会社なのか、どんな仕事をしているのかというのは調べればある程度わかることだと思うんです。
条件として有利であったり、他社と比較して優位性があったりと言うような判断ももちろん大事ですが、そればかりでは機械的すぎるし、面白くない。
それに未経験の仕事を選ぼうとしているのだから、僕が企業に対して売りにできる経歴なんてものはない、とにかくいろいろやってみるべしという、ある意味開き直った無鉄砲さもあったかもしれません。
入社して3年と半年が経ちましたが、今考えても明確にはわからないですし、僕が何で採用されたのかもよくわからないままです。
きっとどれだけ歳をとってもわからないことはあるだろうし、わからない方が味があることだってあるだろう、と思っています。

寺田英弘

インスタンスの仕事の面白さ、やりがいはどんなことでしょうか?

現在は官公庁系システムの構築案件に参画して、仮想基盤、OS、ミドルウェアの設計構築を担当しています。
IT業界の中ではインフラと呼ばれる分野です。
インフラの仕事は業界未経験者の方にはイメージしづらいところがあるかもしれませんが、サーバを作り、アプリケーションが動く土台を提供するのが仕事になります。
また、実際に稼動しているシステムの保守・運用という業務に関わることもあり、最近では他の新規案件の見積もりであったり、プロジェクトの進捗管理なども担当することもあります。

寺田英弘

具体的なことならいくらでも言えるのですが、仕事の面白さについては…これはほとんど個人的な感覚に拠るところだと思いますし、感じ方と言うのはその時その時の状態によって変化するものではないでしょうか。
調子がいい日と悪い日、天気の日と雨の日、怒られた後と褒められた後、それぞれに物事の感じ方は変わるはずです。
いろいろな要素が集まって初めて、気分や気持ち、ひいては面白さが現れるのだと思います。

この仕事ならでは、ということはおそらくあるとは思うのですが、あまり気にしたことがないですし、気にすることもないと思います。 やりがいについても同じですね。 もののほうに面白さがあるのではなくて、面白さは人が感じるものだと思います。 あまり言葉に振り回されずに、自分に合ったものを選んで、自分が楽しくなるように行動できるといいなと思います。

寺田英弘

今の仕事で、自分なりにどんな成果を残したと思いますか?

成果というのは何で測るのか、どう捉えるかが難しいです。
単純に成果を仕事の結果として捉えた場合、自分だけに帰結する仕事の結果は1つたりともないと思います。
現場の人たちと一緒に、世の中で動いているシステムを日々作ったり、運用していたりする、ということに自負はありますが、あんまり成果という感覚はないですね。

あなたから見て、インスタンスとはどんな会社ですか?

結構ええかっこしいなところがある。
あとはオレンジ色です。

インスタンスの好きなところ、不満なところは?

会社の体制としていいと思うところは、部署単位ではなく営業個人単位にエンジニアがつくことです。連携が密に取れるのでサポートしてもらいやすいなと感じます。帰社や会議のようなことも少なくできるため、時間的なロスが少ないこともいいと思います。
昇給に関してもいつでも相談でき、妥当性があれば上がります。決め事が少なくて小回りが利くところがいいと思います。不満については、特に思い当たるものはないです。

氏名 寺田 英弘
役職 インフラストラクチャエンジニア
特技 なし
休日の過ごし方 家事全般、散歩、読書、お酒を飲む

寺田英弘

あなたの将来の目標を教えてください

将来の目標と言うと、ある程度わかりやすいものがいいのだろうと思います。
しかし、僕はあまりこの手の目標設定が得意ではなくて、正直あまり考えたことがないかもしれません。
仕事で何をしていきたいのか、家族はどうするのか、余暇はどう過ごすか、住む家は一軒家かマンションか、老後の蓄えはどうするか…仮に自分の人生が80年だとして、これからあと50年ほどの生き方をどうしようかとあれこれ悩むのは、僕はあまり現実感がない気がします。

実際に、数年前の自分は今の状態を全く想像もしていなかったと思います。

 

こういうことを周囲に漏らすともっとちゃんとしろと怒られるのですが、どうにも興味が湧かない。夏休みのしおりなんかで目標を書く欄があったりしますが、大抵は「がんばるぞ」的なことを書いては大人に怒られ、考え直してかっこいい目標(宿題を1日で終わらす等)を掲げては極端すぎると叱られ、そこそこマイルドだけど心にもない目標(毎日1ページ計算ドリルをやる等)を書いてみて大人には満足されるのですが、結局あっさり投げ出しては再度怒られ期限ぎりぎりでべそをかく羽目になります。
そういうことを繰り返すうちに、あいつはやる気がないとか不真面目だとか適当なやつだとか、それはもう好き放題言われるようになるわけです。
目標って僕のもののはずなのにどうしてこんな目にあうんだろう、と我が人生の悲哀を感じたものです。

 

まあ要は、夢とか目標とか、小さいころからずっと苦手なんです。

寺田英弘

しかし、将来どのように過ごしていたいか、ということについてはある程度決まった考えがあります。それは日々楽しく生きる、ということです。
楽しく生きるためには、たくさんのことを努力する必要があります。
周りの人とも仲良くなければなりません。
仕事もまじめにこなさねばなりません。
ものはあまり必要ではないけれど、ご飯を食べてよく寝て、健康でなければなりません。
清潔でいなければならないし、掃除や洗濯もきちんとしなければなりません。
そういう当たり前のこと、目の前にあるたいしたことのないことを一つ一つ真剣に、丁寧に扱わないといけないと思います。

 

そしてこんな偉そうなこと言いながらも、僕は日々己の弱さに愕然とします。
自分で言っているようなことが全然できない日も多いです。
朝起きれば眠気に負けて二度寝もするし、仕事から疲れて帰ってくれば行き着く先はふとんです。
あれをちゃんとしよう、これをきちんとやろう、そう思っているはずなのに、後でいいや、今でなくてもいいやとないがしろにしてしまいます。
そういう小さな自分との戦いは毎日絶え間なく続きます。
日々負けては立ち直り、できたと思ってはまたもと通り、それでも日常は容赦なく続いていくのだなと思うと、これはえらい先ことなんて考えている余裕はないなあと思います。
将来というのは現在の積み重ねだと僕は思います。

 

よくわからないことをあれこれ考えるよりも、日々最善を尽くそう、というだけだなと思います。